仕事に行きたくない人必見!モチベーションを上げる方法

communication

こんにちは!
休日明けや、気分が落ちているとき、会社に行きたくないと思うことありませんか?

わかります…仕事へ行きたくない気持ちは誰にでもあるものです。
どうやってその気持ちと向き合って行くのか…

向き合い方によって仕事へのモチベーションをアップすることができるので、この記事を読んであなたに合ったモチベーションのあげ方を見つけましょう。

自分にご褒美を与える

今日1日頑張ったら、帰りにコンビニスイーツを買って帰るぞ!
このプロジェクトが終わったら、あの映画を見に行こう!

このように、頑張った自分にご褒美を設定することで、モチベーションをアップさせることができます。

もしあなたが、仕事に明け暮れて疲れているのなら、ご褒美としてマッサージを予約するか、あえて「何もしない日」を作ってもいいかもしれませんね。

私は、自分へのご褒美としてたまにUber Eatsでちょっと豪華な食べ物を注文しています♪

音楽を聴いて気分転換する

まずは音楽を聴いてみましょう!
もし、あなたが車で通勤しているなら、社内で好きな音楽を歌いながら会社に向かうのもいいですね!

音楽は科学的にも人間にリラックス効果を与えることも証明されていますし、気分転換にもなるのでおすすめです。

喫茶店でモーニングセットを食べる


会社に行きたくない原因の1つに、出社前までの工程が多すぎることがあげられるのではないでしょうか。

朝起きたばかりだと、朝ごはんを作るのも食べるのも面倒なときってありますよね。
そんなときは、カフェでモーニングセットを注文しましょう。

起きてから時間も経っているので、朝ごはんも食べやすいですし、ちょっぴり優雅な気持ちにもなれて仕事へのモチベーションも上がるはずです!

仕事前に軽く運動する


朝の時間を使って運動することは、集中力を高め、脳を活性化させる良い影響があります。
そうですよね、朝の時間は貴重だから運動している暇はない!と思う方もいると思います。

できるところから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。
例えば、いつもより15分早く家を出て一駅分歩いてみたり、家の中でヨガをしてみるというのもいいかもしれません。

私は、週1で出社前にジムへ行っています。はじめはジムへ通うのが億劫だったのですが、ジムへ行った日は気分が上がり、自分が昨日よりレベルアップしていると思えるんですよね。
朝活の一つとしておすすめです!

仕事の中で楽しみを見つける


あなたの仕事の中で「楽しい」と思える瞬間ってありますか?
「目標数値をアップさせたい」
「スキルを身につけて、給料をアップさせたい」

もちろん「楽しみ」の内容は仕事以外でも構いません。

「同僚と一緒に美味しいランチを食べに行く」などという楽しみがあれば、モチベーションも上がりませんか?
自分が「楽しい」と感じるポイントを探し、実行してみましょう。

気分が上がるものを身につける


新しく購入した洋服やアクセサリーを身につけると明るい気分になりませんか?
私の友人はコスメを買うとモチベーションが上がるそうです!

ネイルやヘアアレンジをして気分を変えるのも、良いかもしれません。

自分がときめくものを身につけて出社すれば、憂鬱な気分も晴れるはず!

それでもどうしても気分が上がらないときは…


あなたが仕事に行きたくない理由はなんでしょうか?

働きすぎによる疲れや気分の落ち込みであれば、こちらでご紹介した方法で改善できる可能性が高いです。
しかし、人間関係など自分だけでは解決できないものもありますよね。

そういった場合は次のような、仕事に行きたくないと思う根源を断ち切る方法も選択肢の1つとして考えた方が良いかもしれません。

・しばらく会社を休む
・部署移動を希望する
・転職する

どうしても仕事に行きたくない場合は、無理して続けようとせず、一度今の環境から離れることをおすすめします。

まとめ

仕事へ行きたくない気持ちは誰にでもあるものです。
仕事内容によっては、どうしても前向きに取り組むことができないものもあるでしょう。

いかに自分の中にあるモチベーションのスイッチを入れられるかによって、仕事への向き合い方が変わります。
今回は、モチベーションを上げる方法をご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

モチベーションを上げる方法
・自分にご褒美を与える
・音楽を聴いて気分転換する
・喫茶店でモーニングセットを食べる
・仕事前に軽く運動する
・仕事の中で楽しみを見つける
・気分が上がるものを身に着ける
・それでもどうしても気分が上がらないときは…

どうしてもモチベーションが上がらない場合は、今の環境から離れる選択肢もあるということを忘れないでください。
この記事が仕事に取り組むあなたの役に立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました